失敗しないために押さえておきたい一戸建て住宅購入の豆知識

男女

家族の原点

結婚して家庭を持つと真っ先に検討したくなるのがマイホームです。とくに子供が生まれると将来のことも見据えて真剣に見直すケースが多いです。ライフスタイルや経済的なことも考えて最適なチョイスを実現していきたいものです。家は暮らしの基本となりますので、ニーズに合った住宅を選ぶことが必要です。幸福度にも直結してくるテーマですので、慎重に決断していきしょう。しかし家選びは難航することがほとんどです。賃貸であれば比較的気軽に引っ越すことができますが、購入であれば一生のうちでも大きな買い物となります。住宅ローンを支払うことになりますし、やすやすと売却して住み替えを見当することも難しくなります。毎日の生活にも大きく響いてくる問題ですので家族で相談していきましょう。

一軒家

優先度を決める

話し合いの中では、まずは賃貸か購入かを決める流れになるでしょう。家族の今後や資産のことも考えて購入に踏み切る場合であれば、優先度をしっかりと決めて土地選びから進めていくことになります。立地、予算、間取り、周辺環境、住宅設備など、どれを大切な基準にするべきか順番をつけていくことで、選ぶべき住宅が見えてくるはずです。エリアの環境や地価などリサーチをして候補を出していきます。また、学校や職場からの距離も調べて、無理なく通えるエリアを絞っていきます。場所をピックアップしたら、一戸建てかマンションかを決めていくことになります。不動産サイトを見て、相場をチェックしていきましょう。郊外であれば中古一戸建てでも比較的安価に買うこともできます。

インテリア

理想を追うなら

経済的に余裕があるなら、注文住宅で家族の希望に応えるといいです。家族の暮らしに沿った間取りをつくることができますし、収納や安全対策など気になるポイントを押さえた家づくりを進めることができます。最近では材質にこだわり健康をテーマに掲げた注文住宅が人気となっていますが、そういった住宅を選ぶことで家族が長く健やかに生活することが期待できるでしょう。

注文住宅で人気の施工スタイルを比較

和風

純和風の建築が近年また注目されています。畳や瓦といった伝統的な建材を使う一方で、照明など一部のアイテムをモダンにするなどミックスするスタイルが支持されています。

洋風

フローリングやコンクリートなどを使った洋風スタイルの住宅も定番人気を誇っています。オシャレな家具やインテリアも映えますし、センスを生かしたトータルコーディネートを楽しむことができます。

予算が心配なら

希望を実現できる注文住宅では予算オーバーになってしまう場合は、中古一戸建てをフルリノベーションするという方法もあります。トータルコストではどちらがお得になるのかしっかりと見極めて比較検討していきましょう、

施工業者を選んだポイントを聞き込み調査!

設計図

信頼性ですね!

やはり業者の信頼性が大きなポイントになりますね。地域での評判を広く収集して、優良業者を選別していきました。展示場や相談会などにも積極的に足を運んで、担当者や施工例など実際の様子を見て最終的に決断しました。周りの評判と自分が良いと思った業者はやっぱり一致したので、事前の情報収集は大切だと思います。

アフターケアかな!

家を購入したらそれで終わりではありません。補修などメンテナンスが必要になってきます。そのため、保証や相談窓口があって、長くお付き合いができると確信できる業者を選びました。地震の心配もあるんで、耐震性に優れた工法の住宅を選んだのですが、保証もあって安心して暮らすことができています。

広告募集中